IRODORI by X Series

Column 2018.07.31 update

“瞬きをするようにシャッターを切ろう。「X-T2」とともに夏の夜を歩く”- 写真家・渡邉真弓

カメラを始めてから日々の暮らしがすこし変わった。
行き帰りの道に咲く花が可愛かったり、空は毎日同じではないこと。
ファインダーを通してみる私の世界は、ささやかな発見の連続だ。

仕事が終わった帰り道で、
誰かを待ちながら窓の向こうで、
ひたひたと夜が静かに訪れる時間が好きだ。
空が青からオレンジに染まりそして漆黒になる。

満点の星空に息をのんでみたり、
まだまだ続く喧騒の中に身を置いてみたり。

自分の居場所によって夜は感じ方が違う。

街の、そう街の中にいると、夜は漆黒ではない。
とても光にあふれている。

うだるような暑さをすこしだけ横によけて、
気持ちの良い風とともに、光を掴まえに出かけよう。

夜の光といえば、街灯り。
光につられて気になるお店を覗いてみたり。
あ、ここはゆっくり本が読めそうだ、とか、
おいしそうなものがたくさんだからみんなで一緒に来たいな、とか
楽しい想像をしながら歩く。

夜の光といえば、街灯もそのひとつ。
左右の壁に映りこむ色が違って面白い。

夜をみつめる花。
この花の前ではどんな夜がひろがるのだろう。

しんとした路地裏の向こうに、今日を惜しむようにキラキラとした時間が続く。

店先から漏れた光が植木に夜のグラデーションを落とす。

店先から漏れる灯りが夜に表情をつけてくれる。

光とシルエットのハーモニー。

ショーウィンドーに映りこむ街の灯りも、夜ならでは。

ヘッドライトに照らされ、風に揺れながら咲き誇る。
タチアオイは今がちょうど満開の時期。

ゆらゆらと揺れる光の美しさ。
のんびり夜風に吹かれながら、そのニュアンスを楽しむ。
BGMは短い夏を楽しむ人々の声。
日中のキラキラとはまた違う、夜ならではの時間。

見慣れた街の景色も、時間が変わるだけで、全く違う顔が見える。
さあ、今日も出かけよう。
お気に入りのカメラ「X-T2」を持って。

撮影MEMO

・今回のお供は X-T2+XF35mmF1.4 R。(※1枚だけXF23mmF2 R WR)
・明るいレンズなので夜スナップも楽々。
・ISOを高感度にして手持ちで撮影。ノイズは気になりません。
・3方向チルト式TFTカラー液晶モニターが撮影のバリエーションを豊かにしてくれる。
・フィルムシミュレーションモードは夜に自分らしいニュアンスをプラスするのに欠かせない。ACROSもおススメ。
・夜スナップ、楽しいのでぜひみなさんも撮影してみてください!

今回登場したカメラ

FUJIFILM X-T2

Profile

渡邉 真弓 / Mayumi Watanabe (“allô?”)

写真家 / “allô?” 代表

札幌在住。アトリエ兼事務所“allô?”をspace1-15に構える。
「写真と一緒にくらしを楽しむ」をキーワードに、写真教室、写真にまつわる執筆・企画提案、撮影、デザインなど行う。
富士フイルムXセミナーズ講師、日本写真芸術学会会員 / 北海道カメラ女子の会代表、CuiCui事務局代表。
日常をモチーフに「時の有限性」「薄れゆく記憶」について考察する作品を制作している。

主な展示として、2011年個展「air」(アルテピアッツア美唄)、2016年7月個展「eternalnow」(富士フォトサロン札幌)、2017年6月個展「そこにある」(WonderPhotoShop)。同巡回展を2018年5月に札幌で開催(ギャラリー門馬)。2017年9月富士フイルムX-E3発売イベントFUJIKINAで作品展示。

Web:http://www.allo-japon.com/
Instagram:https://www.instagram.com/allo_mayumi/
Facebook:https://www.facebook.com/allo.lesson/

.

北海道カメラ女子の会とは:SNSとリアルをミックスし、北海道のカメラ・写真が好きな女性を緩やかにつなげるコミュニティ。2017年11月現在会員500名を突破。市町村や企業とのコラボ事業も行っている。
http://www.allo-japon.com/works/kcj

.

CuiCuiとは:「北海道に住む写真とカメラが好きな女性が楽しみながら体験したり学んだりできる場をつくりたい」という渡邉の想いから、2016年に初めて開催した女性むけフォトフェス。2017年はサッポロファクトリーで開催。2日間で3000名来場。北海道で初めて、また全国的にも珍しい取り組みとして注目されている。今年も9月15日、16日にサッポロファクトリーで開催。
http://www.cui-cui.jp/

写真家・渡邉真弓「瞬きをするようにシャッターを切ろう。」一覧はこちら

その他【Column】記事はこちら

Ranking