IRODORI by X Series

Column 2018.06.22 update

猫写真家・関由香の「ゆるゆる猫さんぽ」vol.05〜都筑篇〜

猫写真家・関由香さんが看板猫や、さまざまな土地の猫たちを撮りおろし。第五弾は横浜市都筑区へ。のんびりとした時間が流れる鶴見川沿いの『阿部商店』で撮影をしてきました。さて、今日はどんな猫ちゃんに出会ったのでしょうか?

ミルキー店長の長い1日

☆お気に入りPhoto

・定食屋/駄菓子屋/野菜販売所の三つの顔を持つ阿部商店、出迎えてくれるのは店長のミルキー
・河原沿いの軒先でふるまわれる定食はどこか懐かしい田舎の絶品手料理
・マイペースながら全てのお客さんにご挨拶、のんびり毛づくろいがてらお店番
・子どもは少し苦手?接客後は川風にあたってエネルギーチャージ
・気晴らしを兼ねて、お隣さん(生物:ヤギ/名前:ゴロウ)へご挨拶周りも
・ねこだもの。勤務後にはごろごろ、リラックスタイムも過ごすよ

のびのび猫ちゃんパラダイス

☆お気に入りPhoto

・畑やお地蔵さんまである広々とした阿部商店の敷地は、猫にとってのパラダイス
・蛇口からびしょ濡れになりながら水を飲んでいるのは20年以上いる古株マキちゃん
・楽園でも有名な仲良しトリオ、三毛猫兄弟と茶色毛の猫ちゃんもたまに会える
・何十種類もの木々や草花に囲まれ、木登りを楽しんだり、タチアオイ沿いの畑道でお散歩を愉しんだり
・わんぱく坊やに追いかけられるのも、彼らにとっては日常茶飯事
・ニョッキがおかみさんのマネージャーとして振る舞うのも、いつもの光景の一つ

Spot Information

阿部商店

住所:〒224-0044 神奈川県 横浜市都筑区 川向町 356
電話番号:045-471-8519
HP:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140207/14030545/

今回登場したカメラ

FUJIFILM X-E3

使用した感想(関由香)
今回は「クラシッククローム」のフィルムシミュレーションで設定したので、少し落ち着いた色味で撮ることができました。90mmレンズと組み合わせて撮影した写真は絵に深みが出たと感じています。1回のシャッターで、画像の明るさ(露出)を「適正」、「オーバー(明るい)」、「アンダー(暗い)」の順に変えながら3コマ連続で撮影できる「AEブラケティング」の機能が大活躍でした。逆光での撮影など、猫ちゃんの動きが変わる前に複数の明るさを試したい時にとっても便利です。

Profile

関由香(猫写真家)

長野県生まれ。2003年の第4回新風舎平間至写真賞「島のねこ」優秀賞受賞を経て、2007年より独立し「関 由香 写真事務所」を設立。
くすりと笑えるエッセンスと温かみをテーマに、猫の姿や猫のいる風景を追い求めて活動している。
代表作は『ねこinアジア』(ファミマ・ドット・コム)、『南のねこじまTAKETOMIJIMA』(ブライト出版)など多数。

HP:http://yukaseki.com/

Information

関由香写真展 「台湾 ねこうらら」 

期間:2018年5月26日(土)〜7月29日(日)
会場:笠間日動美術館 企画展示館(茨城県笠間市笠間 978-4)
開館時間:午前9時30分より午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(但し7月16日は開館、翌日は休館)
主催:公益財団法人日動美術財団 笠間日動美術館
詳細はこちらから:http://www.nichido-museum.or.jp/

猫写真家・関由香「ゆるゆる猫さんぽ」一覧はこちら

その他【Column】記事はこちら