Search

Tag

News 2022.11.25

【11月25日発売】約4020万画素センサー搭載のコンパクトボディ!新製品『X-T5』の魅力とは?

ミラーレスデジタルカメラ『Xシリーズ』の新製品『X-T5』が、2022年11月25日(金) より発売となります。『X-T5』は、約4020万画素「X-Trans™ CMOS 5 HR」センサー・高速画像処理エンジン「X-Processor 5」を搭載、さらにISO125が常用感度として使用でき、最速1/180000秒のシャッタースピードでの撮影を可能とした、約557gのコンパクトボディのカメラ。気になる特長やスペックをご紹介します。

X-T5の特長とは?

① 第五世代の『X-Trans™ CMOS 5 HR」センサーをX-Tシリーズに初搭載
今年発売された『X-H2』と同じ、裏面照射型約4020万画素「X-Trans™ CMOS 5 HR」センサーの搭載と画像処理のアルゴリズムの刷新により、高い解像度を実現します。新センサーの搭載により、ISO125を常用感度として利用でき、電子シャッターの最速シャッタースピードは1/180000秒に設定可能。また、4倍の解像力と忠実な色再現による撮影が可能な『ピクセルシフトマルチショット』や、肌のレタッチを自動で行う『スムーススキンエフェクト』、『ノスタルジックネガ』など全19種類のフィルムシミュレーションも搭載。 

② 最短約0.02秒の高速AFを実現
ディープラーニング技術を用いて開発した被写体検出AFを搭載し、最短約0.02秒の高速AFを実現。動物・鳥・車・バイク・自転車・飛行機・電車をAIで検出し、ピントを合わせたまま狙った被写体を自動的に追尾します。また、イメージセンサーの高画素化によりAF-S*の合焦精度が向上し、動物の毛や細かい葉っぱなどの高周波な被写体に対してもより正確なピント合わせができます。

*シャッターボタン半押し時にフォーカスエリアでとらえている被写体にピントを合わせ続ける機能。

③ ハードウエア・デザインによる強力サポート
ボディ天面にISO感度・シャッタースピード・露出補正の3つのダイヤルを搭載。液晶モニターには184万ドットの3方向チルト式を採用。また、5軸・最大7.0段のボディ内手ブレ補正機構や、ファインダー倍率0.8倍・369万ドットの高倍率EVFを搭載しつつ、それぞれのパーツを軽量化することで、約557gのコンパクトボディを実現しています。

④ 6.2K/30Pの映像記録など充実の動画撮影機能
6.2K/30P 4:2:2 10bitでのカメラ内SDカード記録に対応。また、ダイナミックレンジを13+stopに広げた「F-Log2」を搭載したことで階調豊かな映像記録が可能のため、ポストプロダクションでの自由度が大きく向上します。

<発売日>
2022年11月25日(金)

その他の新製品

XF30mmF2.8 R LM WR Macro

最短撮影距離10cm*・最大撮影倍率1倍(35mm判換算:1.5倍相当)を実現する、標準30mm(35mm判換算:46mm相当)の焦点距離を持つ単焦点レンズ。最短撮影距離10cmにより、レンズ先端から最短約1.2cmまで被写体に近づいて撮影することが可能なため、卓上の料理などをクローズアップして写すテーブルフォトや自然な遠近感を生かしたポートレート撮影やスナップ撮影など、1本でさまざまなシーンに対応する高い汎用性を備えます。

*センサー面から被写体までの距離。レンズ先端からは最短約1.2cmの近接撮影を実現。

<発売日>
2022年11月25日(金)

3つのダイヤル機構や3方向チルトの液晶モニターを採用して原点回帰しつつ、高画質・高速AFを実現するなど、進化した“写真機”として登場した『X-T5』!より詳しい情報は公式HPをチェックしてみてください。

▶︎『X-T5』詳細はこちらから

その他【News】はこちらから