IRODORI by X Series

Column 2018.02.22 update

猫写真家・関由香の「ゆるゆる猫さんぽ」vol.03〜谷中篇〜

猫写真家・関由香さんが看板猫や、さまざまな土地の猫たちを撮りおろし。第三弾は、猫の街として知られる谷中にて、『人力車 谷中 音羽屋』の看板猫ミーちゃんとお散歩。人情溢れる下町猫家族の様子も撮影してきました。さて、今日はどんな猫ちゃんに出会ったのでしょうか?

主のいる癒し人力車

☆お気に入りPhoto

谷中名物「招き屋」の猫型たい焼きで一休み……。

・春秋冬に楽しめる谷中名物、人+猫力車「音羽屋」さん
・人夫 近藤さんがひっぱる力車にいる主は、ミーちゃん13歳
・地面におろしても抱っこしてもすぐ力車に戻るぐらい力車にぞっこん
・力車の上ならば、お客さんの膝上でも構わずリラックス
・高い目線、顔を撫でる風、リズミカルな振動、柔らかい膝上、暖かい日の光……全て揃うとついうとうと
・歩かずとも下町の景色を眺められ、もふもふ猫との蜜月プチトリップを楽しめる至福のひととき
・猫の街 谷中の裏路地巡りには、ミーちゃんとの力車タイムが欠かせません

Spot Information

谷中 音羽屋

電話番号:090-1219-0108
HP:http://okazakiya.com/site/otowaya.htm
※ミーちゃんの出勤状況はお問い合わせください

人情溢れる下町猫家族

☆お気に入りPhoto

・捨て猫たちを家族として迎え入れている、谷中のとある小料理屋
・お店に住み着く猫あり、去っていく猫あり。おかみさんは、来るもの拒まず去る者追わず
・シャイな子も、人懐こい子も。現在いる5匹は性格も見た目もばらばら
・おかみさんを取り合ったり、一緒に出歩いてみたり、商店街の梁の上に登って嘆いて“降りられないふり”をしてみたり
・ガラッと扉が開いたと思ったら、「コラッ!」とおかん(おかみさん)が猫たちの喧嘩を止める光景も
・でもみんな、とにかくおかみさんを信頼していて大好き
・おかみさんを自分の子どもだと思ってぎゅっとホールドする優しい一面もあるよ

今回登場したカメラ

FUJIFILM X-E3

使用した感想(関由香)
人力車など動きのあるものでも、ピントが合うのがとても速く、撮影がしやすかったです。後半はモノクロのフィルムシミュレーション「ACROS」で撮影しましたが、黒の締まり方がとても良く、下町風景ともぴったりマッチするなと感じました。モノクロで撮ると、伝えたいメッセージやそこにあるストーリーがより際立って見えるので、作品としてとても気に入っています。

Profile

関由香(猫写真家)

長野県生まれ。2003年の第4回新風舎平間至写真賞「島のねこ」優秀賞受賞を経て、2007年より独立し「関 由香 写真事務所」を設立。
くすりと笑えるエッセンスと温かみをテーマに、猫の姿や猫のいる風景を追い求めて活動している。
代表作は『ねこinアジア』(ファミマ・ドット・コム)、『南のねこじまTAKETOMIJIMA』(ブライト出版)など多数。

HP:http://yukaseki.com/

猫写真家・関由香「ゆるゆる猫さんぽ」一覧はこちら

その他【Column】記事はこちら

Ranking