IRODORI by X Series

Review 2019.12.24 update

【FUJIFILM Xシリーズレビュー】 簡単&手軽にワンランク上の写真体験を。初心者女子にもおすすめな新機種『X-A7』越しに見る世界。

2019年10月、『X-A5』の後継機種となる『X-A7』がデビューしました。コンパクトなのに、驚くほど高性能。よりスタイリッシュにアップデートされたボディには、どんな瞬間も逃さず綺麗に写し出す機能が搭載されています。操作性も更にスマートに。カメラ初心者でも直感的な操作で大切な瞬間を撮りたいと思った気持ちと一緒に残すことができます。スマホで誰でも簡単に写真が撮れる時代に、なぜカメラを持ち、なぜカメラで写真を撮るのか。その答えをX-A7が教えてくれました。

スマートな操作性に裏付けされたシンプル&ミニマルデザイン

『X-A7』のボディは、女性が片手で持てるほど軽量&コンパクト。富士フイルムのXシリーズらしいクラシカルさを残しつつ、スタイリッシュかつミニマルなデザインになっています。カラーは、大人の可愛らしさを感じさせるキャメルと人気の定番・シルバーの2パターン。しっくり手になじむなめらかな触り心地とサイズ感、絵になる佇まいで、手にした途端に愛着が沸いてしまうはず。

ボディ背面も大幅にアップデート。タテヨコ自在に可動できる3.5インチの大型液晶モニターと他機種で好評のフォーカスレバーを採用し、見た目も操作性もよりシンプル&スマートに。ちょっぴり難しそうな絞りや明るさの調整も、タッチ操作でOK。大きな画面を見ながら、スマホさながらに直感的な撮影を楽しむことができます。

その空気感も感情も。『X-A7』が叶える“綺麗”以上の写真体験

日常のふとした瞬間や、大切な人との特別なひととき、旅行先で見つけた風景--。撮りたい気持ちにすぐ応えてくれる『X-A7』なら、その時々にしか出会えないモノやコトを、そのとき感じた空気感や感情と一緒に切り取ってくれます。

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:3.5 / シャッタースピード:1/1500 /クラシッククローム(フィルムシミュレーション)

そよぐ風や波うつ海、ふとした表情--。カメラを通して見る世界は、一瞬一瞬に物語を宿しています。何気なくシャッターを切った一枚からストーリーを読み取れるのも写真の面白いところ。景色を鮮やかに写し出すのはもちろん、横顔でもしっかりピントを合わせてくれる『顔検出・瞳AF』機能など、『X-A7』にはささやかな1シーンを逃さないための機能が詰め込まれています。

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:3.5 / シャッタースピード:1/100 /クラシッククローム(フィルムシミュレーション)

180°回転フリップするモニターで、セルフィーもお手のもの。背景も写し込んだナチュラルなのにおしゃれで綺麗な1枚をスマートに撮ることができます。もちろん、顔まわりのアップだってお任せ! 進化した『顔検出・瞳AF』と『美肌モード』の組み合わせが、ミラーレス一眼だからこその高画質&イメージ通りのセルフィーを叶えてくれます。

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:5.6 / シャッタースピード:1/500 /クラシッククローム(フィルムシミュレーション)

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:3.5 / シャッタースピード:1/250 /Velvia(フィルムシミュレーション)

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:4.0 / シャッタースピード:1/250 /モノクロ(フィルムシミュレーション)

シャッターを押すのは、きっと心が動くとき。富士フイルムのカメラならではの機能『フィルムシミュレーション』は、そんな気持ちをより豊かに表現してくれます。どこか懐かしいフィルムカメラのような色味・質感を演出する『クラシッククローム』、素材のみずみずしさや感動を臨場感たっぷりに写し出す『Velvia(ビビッド)』、ノスタルジックで奥行きのある画づくりを実現する『モノクロ』など、多彩なフィルムシミュレーションが“綺麗”以上の撮影体験をもたらしてくれるでしょう。

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:5.6 / シャッタースピード:1/100 /パートカラー(アドバンストフィルター)

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:3.5 / シャッタースピード:1/80 /トイカメラ(アドバンストフィルター)

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:5.6 / シャッタースピード:1/45 /ミニチュア(アドバンストフィルター)

X-A7(camera)/ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ/ F値:5.6 / シャッタースピード:15秒 / ライトトレイル(シーンポジション)

また、エフェクト機能『アドバンストフィルター』を使えば、よりクリエイティブな表現を気軽に楽しむことができます。モノクロ写真の中に特定の色だけを残せるアーティスティックな『パートカラー』や、フォトジェニックな仕上がりの『トイカメラ』、風景や小物をまるでミニチュアのように写し出す『ミニチュア』など、遊び心溢れる効果が満載です。

特に注目したいのは、走行する車などの光の軌跡を残すことができる新機能『ライトトレイル』。通い慣れたいつもの道も新鮮な気分で歩けそう! カメラを持って歩くだけで、日常の風景がスペシャルなものに見えてくるかもしれません。

楽しい!が続く、広がる。+αの便利で多彩な機能たち

カメラ初心者がつまずく暗い場所での撮影も『スーパーiフラッシュ』があれば自然光で撮ったような自然な仕上がりに。フラッシュにありがちな白飛びや黒つぶれも抑えることができます。光を反射して白飛びしてしまいがちな袋入りのお菓子を撮ってもこの通り。

『X-A7』で表現できるものは、静止画だけにとどまりません。写真撮影同様に、スマートかつ直感的な操作で高画質な4K動画を手軽に撮影することができます。もちろんフィルムシミュレーションも使用可能。何度も見返したくなる完成度の高いショートムービーを自分で作ることだって夢ではありません。

撮った画像や動画は、アプリ経由でスマホに転送→いつでもどこでもリアルタイムでSNSにシェアすることができます。また、USB充電にも対応。パソコンから充電することも可能なので、出先での不測のバッテリー切れでも安心です。素敵な写真をどんどん撮って、その場で手軽にシェアしたい! そんな想いに応えるための最適なスペックを持ち合わせた『X-A7』は、“今”にぴったりフィットする新しい時代のスタンダードともいえる1台です。

カメラを通じて会話が生まれたり、写真を撮ることで思い出がより鮮明で美しいものになったり。きっと想像以上の毎日が『X-A7』越しに見つかるはず。サッと撮ることが簡単になった今の時代だからこそ、わざわざカメラを持ちたい。そんな感覚を大切にしてくれる1台を選んでみませんか?

今回登場したカメラ

FUJIFILM X-A7

▶︎スペシャルサイトはこちらから

その他【Review】記事はこちらから

text by 野中ミサキ(NaNo.works)
photo by 古性のち

Ranking